トップページ  >  ブログ  >  おいあくま

おいあくま

2013年7月1日

松井秀喜が星陵高校時代、甲子園2回戦で明徳義塾校と対戦したときです。

野球歴史に残る出来事がありました、あまりにもよく打つ松井に対し

明徳の監督が敬遠と言う策を執ったのです、それにより松井は5打席連続敬遠され

星陵は負けてしまいました、翌日の新聞、テレビではかなりの批判、賛同が飛び交いました。

打席に立った松井の心の中には、おいあくまが有りました。

これは、おこるな、いばるな、あせるな、くさるな、まけるな、これを思いながら

黙って打席に立っていたそうです、この言葉は星陵高校山下監督の教えでした。

他に、あ、お、い、く、ま、とも言われています。いつも心に持っていたい5文字です。

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。