トップページ  >  ブログ  >  思いと物が一致する家造り2

思いと物が一致する家造り2

2018年5月21日

自分の経験が家造りに反映される。

15年間の材木屋での木材に対しての知識が家造りに役につ立ってる。

日本の住宅には、多くの木材を使います。

そして種類も多く有りますが木材には、色々な特性が有る。

外部に使用しても良い木材、絶対外部に使用してダメな木材

残念ながらこれらを無視してなのか知識が無いのか

外壁に水に弱く陽の光に弱い木材を使用している工務店が存在してる

半年位は木材の美しさを楽しむ事は出来るが、二年もたつと

シミが入り変色してしまう。

腐食も始まり作り直しになるとお金はお客様負担。

こんなんで良いの?

住宅は、15年後にどうなってるのかが大事。

木材と工務店の家造りは一致してても

お客様の思いとは一致してこなくなる。15年後のお客様の思いを考え

設計、デザイン等の提案をしてあげるのが本当の家造りに繋がるのでは?

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。