トップページ  >  ブログ  >  不要な300万円

不要な300万円

2017年9月6日

001002

町中に塗り壁の白い色の家がまた誕生した。

別の外壁材料で白く飾られているお家もあるが

違いがはっきり分かるのがわずか三年で明確になって来る。

それは、コーキング材の劣化によるひび割れで

大方の家は15年ほどで外部に足場を架け外壁塗装をすることに。

ましてや10年を過ぎると営業マンが来て(お宅は築10年に成ります

そろそろ外壁の塗り替えを)と平気で言って来る。

今、多くの方が35年ローンで家を購入している時代に

なんでのうのうと営業に来れるのでしょう。

例えば、2000万の家を買ったのに15年で外壁塗装に150万掛かると

2回の工事が必要に成り35年後ローン完済時には、2300万円の家に成ってしまっている。

きちんとした塗り壁やガルバリウム鋼板の外壁なら汚れなどタワシでごしごしこする事も出来ます。

この300万円おかしくないですか❓

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。