トップページ  >  ブログ  >  耐震補強

耐震補強

2016年5月18日

P1020337

熊本、茨城の地震の影響で耐震工事の依頼が多く成って来ています。

淡路大震災後、筋交いや金物の規制が強化されましたが、それ以前の建物は

筋交いは少なく一階に和室を複数とり和室と和室の堺は障子やふすまといった構造で

地震の揺れには非常に弱くおまけに窓は掃き出しの大きな開口です。

昨日も耐震の相談が有りました。現場を見ると窓の大きな家でしたので

まずは、柱を新設し筋交いを入れ開口を半分の大きさにする提案をして来ました。

これからは、この様な依頼が多く成ると思います。

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。