トップページ  >  ブログ  >  変な日本住宅産業

変な日本住宅産業

2015年5月18日

日本の住宅の外壁材の多くはサイディング張りにコーキングでの目地処理で出来ています。

サイディングが悪いとかコーキングが悪いと言っているのではありません。

コーキングの寿命は、早いもので10年位とされていますが

なぜ一般住宅のローン返済期間が25年から35年の建物がローン返済中に外壁塗装の再施工や

コーキングの打ち直しの必要な住宅を日本人は買うのでしょうか?

これが問題だと思います。家を建てられる方の多くは、子供が幼稚園入園か小学校入学のタイミングです。

この4歳か7歳の約10年から15年後は子供がちょうど高校生か大学生の時期を向かえています。

家庭にとって一番お金の必要な時期なのです。この様な事を考えローン返済中にメンテナンスの必要がない

家造りをして行きたいですし皆さんもよく見比べて我が家を手に入れてください。

わが社は、これからも(健康で長持ち住宅)をスローガンに頑張って行きたいと思っております。

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。