トップページ  >  ブログ  >  解りすぎた災害

解りすぎた災害

2014年8月25日

岡山 片山 046陸前高田市役所1階

広島の災害は、当然の場所で起きています。

避難所に避難している人たちを非常に気の毒に思います。

無理に開発された分譲地に家を建て、今帰る所を無くされ心痛めている人たちに

国が取った方針は、くじ引きで仮設住宅や一時避難場所を決めるという事です。

何でくじ引きなんでしょう、自分達の生活を確保している政治家さん

もっと真剣に起こり行くして起こった災害に

真正面から向き合わないのでしょうか。

首相さん今頃被災者に欲しい物は何ですかと聞いて回ってもしょうがないでしょう。

災害国日本に被災した時何が必要なのか解っていて当たり前でしょう。

メディアに出ることを目的とせず、被災者の事をもっと重く受け止めてほしい物です。

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。