トップページ  >  ブログ  >  断熱材を知る2

断熱材を知る2

2018年6月14日

アメリカシェアNO1セルロースファイバー

断熱材とは、熱を断つですよね。

と言う事は、熱伝導を悪くすると言う事ですね。

冬の冷たい外気を中に入れさせない。部屋を暖めた暖気を外に出さない。

夏の暑い外気を中に入れない。エアコンで冷やした冷機を外に出さない。

この仕事をするのが断熱材の役目です。さらに気密性を保つのも断熱材の役目です。

壁の中の空気層が少なければ少ないほど気密性は高くなります。

どの断熱材が断熱効果が高く気密性が高いのかとなれば当然ながらセルロースファイバーです。

セルロースファイバーには、断熱効果、調湿効果、防カビ効果、防さび効果、防虫効果、防音効果などが有ります。

さらに新聞紙で出来ていますので解体時には畑へ戻すエコさも持っています。

皆さんも家を買われる時にはセルロースファイバーの知識の有る工務店にお願いされることをお勧めします。

断熱材はどれも同じ、手間のかかる断熱材は使用しないと言われる工務店は、

ちょっと考えられた方が良いのではと思います。

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。