ミライ工房の家づくりブログ

2017年10月16日

P1020204

エコキュートは、深夜電気を利用しお湯をタンクに貯めて置く機会。

今多くの家庭で使用されていますが、なぜガスや灯油のボイラーでは無いのでしょう。

タイプは370リットルか460リットルの二機種

いくら深夜電気が安いからと言っても使わないお湯まで作ってしまう事って無駄じゃない?

追い炊き機能はタンクの周りを水配管が巡って水を暖める為タンク内の熱は下がり

夜中に無駄な電気を使う事に。

他のボイラーなら使いたい量のみ沸かすから無駄がない。

同じく水もいる分のみ使うから無駄がない。

なんでエコキュートなんでしょう?

それは工務店の売り上げ利益が大きく影響しているから。

ガスでは利益が見込めないから。

だから工務店は無駄なエコキュートを売りたがる・・・・・・・。

 

2017年10月13日

P1010031

冬まじかに成って来ています。

我が家では、ストーブを使いだす前は

蓄熱暖房機の電源を入れるタイミングを計ります。

蓄熱暖房機は深夜電気を利用して朝7時に電源は切れ

温めた耐熱煉瓦からの熱を放射して家を暖める機械で火事の心配が無く

留守の間も温め続けてくれるので外出から帰っても家の中は暖かく

帰ってストーブに火を点けコタツに飛び込む事は有りません。

一番いいのが空気を汚さない事です。

多くの家庭が使用すると良いのになと思う一機種です。

2017年10月11日

IMG_0474随分と日差しが部屋の奥まで入ってくるようになった。

陽の光を目で確認するとなんだか幸せな気分になる。

IMG_0466

 

2017年10月6日

0000

見えない物は、怖くない。

健康な生活がしたいと皆思っていて

こだわった方のスキルは高い。

昨日のお話会のなかで電子レンジの話が出たのがきっかけで

ちょっと一口挟ませてもらった話が

約45年ほど前に電子レンジが姿を現した。

当然便利な機械だから多くの家庭にに普及しました。

しかしその売り上げと同時に白内障で眼科へ通う主婦の姿も増加した。

この事を話すと驚きの声が上がった。思った通りの反響であった。

電磁波に対して規制のあまい日本。電子レンジを電気屋さんで買うことが出来

アース線(ミドリの電線)を必ずアースコンセントにつないでから使用してください。

と店員からは説明もない。

取説を読む方が嫌いな人間。見えない電磁波に恐怖は無く使い続ける。

使い方さえ理解していれば決して悪い物ではなく便利な物です。

よく理解して使用しましょう。

2017年10月3日

則武 藤井邸 033

小さな左官屋さん。

しっかりコテを握って漆喰を塗っています。

これは、施主さん家族に塗る楽しさや難しさを体験してもらうイベントです。

決して上手に塗れない為ほとんどの現場では左官屋さんに直してもらうため跡は残らないですが

施主さんが希望されればそのまま残します。

家族でうまいとか下手とか笑顔で会話されてる姿を見てるのは

私の幸せな時間となります。

2017年10月2日

07

夏も終わり秋が急速に迫って来ていて

火が有っても良いなと思う日がちらほらある様に成って来ました。

アウト派の方の住宅には、薪ストーブを設置したいと思われるケースが多く

今まででも何基か設置して来ました。

暖かく揺れる炎を見ているのは心が癒され幸せな気分にしたれます。

しかし炎を見る為には、大変な努力が必要です。

そうです、薪集めです。ストーブには広葉樹が良いとされています。

栗、樫、ケヤキ、桜などなどです。

一般的には手に入れるのは容易では無く

買えば灯油より高くつきます。

あらゆる木を一年前にまき割をすることで今日ストーブで燃やす事が出来ます。

今日の炎は去年の今日まき割をした努力が有っての事になるのです。

しかしこの暖かさと炎の癒しを求める方は後を絶たないのは

自然派の私にとって幸せな事です。

 

 

2017年9月25日

私が健康な家造りを目指しF☆☆☆☆建材を嫌ったのは、

約20年ほど前の事でした。

新築現場で合板の上で昼食を取り横に成りました。

合板の上でお昼寝をした訳ですが

暫くして合板と接している身体の面にかゆみを感じ

服やズボンをめくって見ると、なんと赤く腫れあがり

蕁麻疹が出たような症状が現れました。

蕁麻疹なら身体全体に出ますが

合板に面した部分だけの症状のため

これは、明らかに合板の有害物質の影響だと思いました。

二度とこの様な行動をしてはいけないのでは無く。

住宅に合板を安易に使用してはいけないのだと思う気持ちでいっぱいに成りました。

それ以来有害物質を含んでいますよと言ったF☆☆☆☆マークが表記された住宅建材を

吟味しながら極力使用しない家造りを目指すようになりました。

特に合板とビニールクロスは、代表商品です。

2017年9月20日

P1010416

お客様にとって払いたく無いのが経費

経費の中でウエイトが高いのが人件費

企業の中で人件費は人が多く成れば当然多額の人件費と言うものを

売り上げの中に織り込みひねり出さなけば企業は、つぶれます。

弊社はたった一人で経営している為、従業員の経費を乗せた金額を

契約金額に入れなくとも経営が出来ます。

TVや新聞広告、折り込みチラシ、雑誌広告などもしない為

お客様が請負会社に払いたくもない企業の経費を

頂かなくても済むのはお客様のためだと考えております。

2017年9月15日

fukutomi_ozawa_021fukutomi_ozawa_020

古民家のリホーム。

二階の空間を子ども室に。

限られた範囲」の中でどうしても必要に成るのがクローゼット

いかに広く、多く収納が出来、生活領域を妨げないように配置し作る。

残された空間を広く使える様考えるとロフトが出来たり壁のニッチは必要不可欠な存在です。

遊び心持たなくても出来てしまうケースが多いです。

出来上がって来ると遊び心が有って良いねと言われますが

面倒くさい事をやめれば、今まであった造作の形を崩さず床、壁、天井の部材を

変えるだけの事に成ってしまう。

それを僕は、リホームとは思わない。

2017年9月14日

P1000832_2019IMG_6417

昨日は一宮で開催された放射能と電磁波の勉強に行って来ました。

講師は新潟在住の小島利恵さんで、とても明るく軽快にお話をされる方で

内容も充実してて行って良かったと思えた講演でした。

今回の開催者は、子育てコミュニティtocotocoさんで

どうしても不安を感じてしまう子育てしているママさん達を

優しく包んであげる方々のサポートに成ればと声を揚げた方々のイベントでした。

私の家造りの考えと共通する点が多い様で次回からも迷惑にならなければお邪魔したいと思っています。

生活空間の中で少しでもストレスが溜まらない家造り。

生活しながらも体が抵抗して知らない間に体の中に溜まってしまうストレスの原因になる

有害物質を含んだ内装建材や電磁波

これからも会社存続の為に体に悪いと思っていてもコマーシャルをして売らなければいけない電化製品や新建材。

の特に住宅の裏事情を孫、ひ孫の元気な姿を見たいと思われている方々に伝えて行きたい。

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。