ミライ工房の家づくりブログ

2017年9月15日

fukutomi_ozawa_021fukutomi_ozawa_020

古民家のリホーム。

二階の空間を子ども室に。

限られた範囲」の中でどうしても必要に成るのがクローゼット

いかに広く、多く収納が出来、生活領域を妨げないように配置し作る。

残された空間を広く使える様考えるとロフトが出来たり壁のニッチは必要不可欠な存在です。

遊び心持たなくても出来てしまうケースが多いです。

出来上がって来ると遊び心が有って良いねと言われますが

面倒くさい事をやめれば、今まであった造作の形を崩さず床、壁、天井の部材を

変えるだけの事に成ってしまう。

それを僕は、リホームとは思わない。

2017年9月14日

P1000832_2019IMG_6417

昨日は一宮で開催された放射能と電磁波の勉強に行って来ました。

講師は新潟在住の小島利恵さんで、とても明るく軽快にお話をされる方で

内容も充実してて行って良かったと思えた講演でした。

今回の開催者は、子育てコミュニティtocotocoさんで

どうしても不安を感じてしまう子育てしているママさん達を

優しく包んであげる方々のサポートに成ればと声を揚げた方々のイベントでした。

私の家造りの考えと共通する点が多い様で次回からも迷惑にならなければお邪魔したいと思っています。

生活空間の中で少しでもストレスが溜まらない家造り。

生活しながらも体が抵抗して知らない間に体の中に溜まってしまうストレスの原因になる

有害物質を含んだ内装建材や電磁波

これからも会社存続の為に体に悪いと思っていてもコマーシャルをして売らなければいけない電化製品や新建材。

の特に住宅の裏事情を孫、ひ孫の元気な姿を見たいと思われている方々に伝えて行きたい。

 

2017年9月13日

0301

お茶の木畑の一軒家。

静かな環境の中に佇み薪ストーブの煙がどう飛ぼうが近所迷惑にはならず

気軽に焚ける。

当然隣近所の音も聞こえずのびのび生活が出来る。

こんな環境の中で生活できるなんて羨ましいですね。

2017年9月11日

006005

ロフトは男心や子供心をくすぐる空間。

基地的な要素を持っている為、女性は収納の部分で考えられる事が多いですが

男はやはり憧れの場所です。

確かにお金はかかりますが欲しい空間の一つですね。

2017年9月7日

007002

収納家具と造り付け戸棚

地震が心配される中、購入家具など倒れて来る心配が有りますが

造り付けにすればその心配は半減します。

出っ張る事も無い為、部屋が広く使え片付け安くもなります。

お客様の片付けと家具の配置を検討し作り上げて行く家具は

とても喜ばれます。

決して契約時の家具が変わっても対応しています。

それは家を考え造るのはお客様だからです。

あくまでも我々は、形にするのが仕事なのですから。

このやり方のスタイルは変える気は有りません。

2017年9月6日

001002

町中に塗り壁の白い色の家がまた誕生した。

別の外壁材料で白く飾られているお家もあるが

違いがはっきり分かるのがわずか三年で明確になって来る。

それは、コーキング材の劣化によるひび割れで

大方の家は15年ほどで外部に足場を架け外壁塗装をすることに。

ましてや10年を過ぎると営業マンが来て(お宅は築10年に成ります

そろそろ外壁の塗り替えを)と平気で言って来る。

今、多くの方が35年ローンで家を購入している時代に

なんでのうのうと営業に来れるのでしょう。

例えば、2000万の家を買ったのに15年で外壁塗装に150万掛かると

2回の工事が必要に成り35年後ローン完済時には、2300万円の家に成ってしまっている。

きちんとした塗り壁やガルバリウム鋼板の外壁なら汚れなどタワシでごしごしこする事も出来ます。

この300万円おかしくないですか❓

2017年8月25日

T様邸1

3年を過ぎた点検にお邪魔しました。

自分の作品が変わりなく建っているのは、うれしい事です。

その時の思いや苦労がよみがえり

ご縁の有った事に感謝、感謝です。

お客様もいろんな友達などのお宅と比較して

やっぱり家は良い造りだと実感しているとの声を頂くと

この仕事をしている事に自信が持ててまた頑張ろうと思います。

2017年7月13日

KIMG0159

暑い日が続き、落雷による雨も半端なく降るのに気温が下がらない。

今年もアケビが豊作で何人の方が収穫に来られるのかが楽しみである。

オープンハウスも無事終わりご縁の有った方々が家を建てたい気持ちを持って

ご来訪頂いております。

今年も後半年なので新築一軒とリホーム一軒をこなせる程度なので

欲張らず、慌てず、目の前の現場をしっかり見て行きたい。

自分ですべてを見届けたい私には、ちょうどの件数なのかも?

2017年6月3日

P1010032IMG_189618622129_264512297289666_1511130461289800098_n

一か所の棚、一枚の棚板

全てに打ち合わせが有り、会話が有り、思い出がある。

全て打ち合わせの上形になってく!

こんなんじゃなかった。お客様の口から出てはいけない言葉

一か所一か所を大切に作り上げる。

それがプロの工務店。お客様の思いを無視して金商売だけを考え

作り上げてしまう最低の工務店も確かに有ります。

下請けに丸投げして職人さんがどんな仕事をするのか?

どれほどの経験値が有り、どれほどの技量なのかわからず

任せてしまう無責任工務店。

お客様と共に向き合い、お客様と共に作り上げて行くミライの家造り。

ミライ工房に任せて(よかった)の言葉を頂けるよう頑張ります。

2017年6月1日

18622129_264512297289666_1511130461289800098_n

今日から25までオープンハウスの始まり。

予約制である為、毎日ではないけれど多くの方の目に触れる事を楽しみにやってます。

工事完了は8日なのでクリーニングやカーテン付けなどは、まだの為

毎日現場に入り手直しなどをしながらお客様を待ちます。

漆喰と無垢材の部屋の心地よさを多くの方と過ごすのもおおきな楽しみです。

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。