トップページ  >  ブログ  >  断熱材を知る4

断熱材を知る4

2018年6月19日

今回は、外断熱を紹介します。

内壁断熱だけではなく弊社は、外断熱も取り入れています。

外壁にEPSボード(発泡スチロールを建築用に加工した材料)を張ります。

EPSは厚さ25mm巾1820高さ910に加工され

専用のワッシャーを使いステンレスのビスで固定して行きます。

発泡スチロールは非常に熱伝導が悪い為に冬の冷たい熱を室内に入れず

夏の焼けるような熱を室内に導かないですし逆に温めた室内の熱を外に出さず

夏の冷やした冷気を外に出しません。

魚や肉やケーキなどを発泡スチロールに入れて保存するのも、この特性を生かした物ですよね

つまり室内で生活している人間が保存されてる状態です。

室内を温めたり冷やす機械は必要ですがこの機械たちが働いてくれた暖気、冷機が持続する事によって

長時間の機械による作業は軽減されるのです。

よって光熱費は安くなりますよね。

夏、早朝のひんやりした空気を窓を開け取り入れればその温度が持続してくれる訳ですから

朝からエアコンを使用する事が有りません。

昨年6月にお引き渡ししたお家では、その夏一度もエアコンを使わなかったと言う

お客様もお見えでした。

快適に暮らす=使うお金は少なく適温で暮らす、これだと思うのです。

高い建物を買っても冬室内で靴下を二重に履き

セーターを着こんで生活するよりもブラウス一枚で生活して貰いたいと思い

ダブル断熱を推奨しています。

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。