トップページ  >  ブログ  >  断熱材を知る1

断熱材を知る1

2018年6月13日

断熱材には、日本で一番多く使用されているのがグラスウールです。

柱と柱の間の壁に入れるのが内壁断熱でグラスウールは安価で施工が簡単で

素人さんでも施工が出来ます。

他には、発泡ウレタン、ウール、セルロースファイバーが有ります。

日本建築で壁下地の為に使用されてきた泥壁(荒壁)は断熱材として認められていません。

中には泥壁は調湿効果が有り日本の風土に合った断熱材と思われている方もお見えになりますが

だったら古民家などはもっと暖かいはずなのですが。

弊社では、アメリカ生まれでアメリカシェアNO1のセルロースファイバーを推奨しています。

写真は、グラスウールとセルロースファイバーの箱を作り太陽に当て箱内の温度違いを測定する実験をすると

グラスウールは約40℃でセルロースファイバーは約30℃、約10℃の差が出ます。

セルロースファイバーを充填した家が20℃でエアコンが要らないのに

グラスウールを施工された家は30℃有りエアコンが必要です。

電気代の掛かる家と要らない家がこうやって存在します。

家はどれも同じと思っていた皆さん断熱材は本当に大事ですよ。

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。