ミライ工房の家づくりブログ

2018年6月29日

外壁材には、サイディング、トタンサイディング、ガルバニューム鋼板、EPS断熱パネル、無垢板

日本の中で圧倒的に多いのがサイディングで次にガルバニューム鋼板です。

どちらが長持ちかと言うと圧倒的にガルバニューム鋼板で40年は大丈夫ですが一方サイディングは10年の耐久年数で

防水の為にサイディングの継ぎ手の目地に施すコーキングは3年です。

大切なのは、15年後に我が家がどうなっているのかが大切な事で

15年で足場掛け再塗装をして300万円のお金が要るサイディングを選ぶのか

それとも40年の耐久年数の有るガルバニューム鋼板やEPS断熱パネルを選ぶのか?

そして、これらを選ばせてくれる工務店を選ぶのかが重要ですね。

一部に無垢材の板を張ることを勧められ張って見ると出来上がりは見栄えがして良いかも知れませんが

木材によっては2年もすれば、あ~張らなければ良かったと思う物も有ります。

当然15年後には腐ったりシロアリに食べられると言った結果に成る事も有ります。

今や木材を熟知して木造住宅を造っている工務店が少なく成って来ていますから

何も知らないお客様が損をしているケースもよく見かけます。

ローンを返済している期間に躯体にお金の掛からない工務店、外壁材を選ぶことが

失敗しない家造りに繋がります。

2018年6月19日

今回は、外断熱を紹介します。

内壁断熱だけではなく弊社は、外断熱も取り入れています。

外壁にEPSボード(発泡スチロールを建築用に加工した材料)を張ります。

EPSは厚さ25mm巾1820高さ910に加工され

専用のワッシャーを使いステンレスのビスで固定して行きます。

発泡スチロールは非常に熱伝導が悪い為に冬の冷たい熱を室内に入れず

夏の焼けるような熱を室内に導かないですし逆に温めた室内の熱を外に出さず

夏の冷やした冷気を外に出しません。

魚や肉やケーキなどを発泡スチロールに入れて保存するのも、この特性を生かした物ですよね

つまり室内で生活している人間が保存されてる状態です。

室内を温めたり冷やす機械は必要ですがこの機械たちが働いてくれた暖気、冷機が持続する事によって

長時間の機械による作業は軽減されるのです。

よって光熱費は安くなりますよね。

夏、早朝のひんやりした空気を窓を開け取り入れればその温度が持続してくれる訳ですから

朝からエアコンを使用する事が有りません。

昨年6月にお引き渡ししたお家では、その夏一度もエアコンを使わなかったと言う

お客様もお見えでした。

快適に暮らす=使うお金は少なく適温で暮らす、これだと思うのです。

高い建物を買っても冬室内で靴下を二重に履き

セーターを着こんで生活するよりもブラウス一枚で生活して貰いたいと思い

ダブル断熱を推奨しています。

2018年6月15日

セルロースファイバー吹込み工事の準備完了の場面とサッシ

熱伝導を悪くする断熱材と深く関わって来るのがサッシです。

ガラスが二重だから結露しない訳では有りません。

結露する原因はサッシの枠に有ります。

サッシは、三つの部材から形成されています。

外部材/ガラス/内部材です。

外部材がアルミ/ガラス二重/内部材がアルミでは熱伝導が良く結露します。

外部材がアルミ/ガラス二重/内部材が樹脂はほとんど結露しません。

見た目には全く違いがわかりません。

お客様が工務店に裏切られる場所の一部に成ります。

新築なのになぜか結露すると言われる原因はここに有ります。

お客様はガラスが二重だから結露しないと思っていますがそうでは無い事を知って頂きたいです。

サッシや壁断熱の事をお話して来ましたがもっとびっくりされることを言うと

サッシがアルミ/ガラス/アルミで壁断熱がグラスウールの家は明らかに結露します。

窓は目に見えて確認できますが壁の中でも結露しています。

住宅展示場などを解体している場所を見るとひどい物で外壁下地やグラスウールが

カビで真っ黒の状態を見かけたことが何度かあります。

とにかく熱伝導を悪くする為には、断熱材とサッシが大切な事です。

これを工務店さんに実行してもらえば夏涼しく冬暖かい家を手に入れることが出来ます。

 

2018年6月14日

アメリカシェアNO1セルロースファイバー

断熱材とは、熱を断つですよね。

と言う事は、熱伝導を悪くすると言う事ですね。

冬の冷たい外気を中に入れさせない。部屋を暖めた暖気を外に出さない。

夏の暑い外気を中に入れない。エアコンで冷やした冷機を外に出さない。

この仕事をするのが断熱材の役目です。さらに気密性を保つのも断熱材の役目です。

壁の中の空気層が少なければ少ないほど気密性は高くなります。

どの断熱材が断熱効果が高く気密性が高いのかとなれば当然ながらセルロースファイバーです。

セルロースファイバーには、断熱効果、調湿効果、防カビ効果、防さび効果、防虫効果、防音効果などが有ります。

さらに新聞紙で出来ていますので解体時には畑へ戻すエコさも持っています。

皆さんも家を買われる時にはセルロースファイバーの知識の有る工務店にお願いされることをお勧めします。

断熱材はどれも同じ、手間のかかる断熱材は使用しないと言われる工務店は、

ちょっと考えられた方が良いのではと思います。

 

2018年6月13日

断熱材には、日本で一番多く使用されているのがグラスウールです。

柱と柱の間の壁に入れるのが内壁断熱でグラスウールは安価で施工が簡単で

素人さんでも施工が出来ます。

他には、発泡ウレタン、ウール、セルロースファイバーが有ります。

日本建築で壁下地の為に使用されてきた泥壁(荒壁)は断熱材として認められていません。

中には泥壁は調湿効果が有り日本の風土に合った断熱材と思われている方もお見えになりますが

だったら古民家などはもっと暖かいはずなのですが。

弊社では、アメリカ生まれでアメリカシェアNO1のセルロースファイバーを推奨しています。

写真は、グラスウールとセルロースファイバーの箱を作り太陽に当て箱内の温度違いを測定する実験をすると

グラスウールは約40℃でセルロースファイバーは約30℃、約10℃の差が出ます。

セルロースファイバーを充填した家が20℃でエアコンが要らないのに

グラスウールを施工された家は30℃有りエアコンが必要です。

電気代の掛かる家と要らない家がこうやって存在します。

家はどれも同じと思っていた皆さん断熱材は本当に大事ですよ。

 

2018年6月11日

先日新しいお客様の所に伺い色々な話をしていると

以前工務店巡りをしている時に色んなアピールが有ったそうで

一軒は、ガス給湯器による床暖房が標準で付いてますとか

一軒は全館空調で花粉、ホコリ、PM2,5が取れるとかだったそうです。

そこですかさず反論しておきました。

ガスの床暖房はガス屋さんがガスを売りたいが為にサービスで工務店に提供してくれる物で

工務店がお金を出している訳ではなく。

ガス代にしっかり盛り込まれるためガス料金が他の家庭より高く成る事を伝え

全館空調では、小屋裏に機械を設置しフィルターの掃除が小屋裏なので大変で電気代もかさむため

家電屋さんで空気清浄機を買って綺麗にしたい部屋のみ置いた方が安全ですと伝えてきました。

工務店は、住みだしてからの光熱費などは考えてくれません。

だからグラスウール断熱材に合板フロアー、壁、天井はビニールクロスが多いんです。

夏はエアコンで冷房、冬はエアコンやストーブで暖房

朝から寝るまで稼働させて当たり前の考えなのです。

工務店のコストや経費や利益を押さえれば光熱費が安く済む材料は有ります。

見栄えだけで車を買うように家を買う事が失敗する家造りなんです。

2018年6月7日

外壁材はサイディング、断熱材はグラスウール内壁材はビニールクロス

床材は合板フロアー、夏くそ暑く冬くそ寒いの出来上がり。

ほとんどの工務店がこの工法です。

なんでもっと良い家を提供しないのか、世に長く残る建物を残さないのか?

手間のかからない材料ばかりで仕上げ、見た目だけを重視して家造りしている。

家は15年経った時にどうなってるのかが大切な事であって

完成時がどうかなのかは二の次に考えてもらいたい。

こんな工務店さんが多く有りますので気をつけてくださいね。

2018年6月6日

工務店は、家を作るのが仕事。

しかし作れば良いと言った物では無い。

依頼者の多くは、家の為にお金を貯め30年近くのローンを組みます。

30年経たないのに躯体にお金の掛かる材料を使わない事が私は、当たり前の事だと思います。

耐久年数が10年のサイディング、3年のコーキング、15年の合板フロアーやビニールクロス

おかしくないですか?

10年経つとサイディングを使った工務店が営業に来ます。

外壁のサイディングの塗装工事の時期が来ています。

塗り替え工事をしませんか? 金額は300万円です。お客様はビックリです。

しかしこれがお客様も当たり前と認識しているのが残念です。

そうです常識化しているんです。非常に残念な常識です。

30年以上塗り替えの必要のない外壁材は沢山あるのにね。

2018年6月5日

自分の家を作ってくれる工務店を決めるのは難しい事です。

どの工務店も同じ材料で同じ工法で同じ思いで家造りしている訳ではないからです。

営業マンが多く居て営業マンに会議のたびに早く契約を取って来いとか

あのお客はいくらの預金が有りどれだけの融資が可能だから

もっと金額を上げて提案しろ!

など会議では、お客様無視で営業利益を追求する会議がされているのは

当たり前の事だと思って下さい。

モデルハウスやモデルルームは生活感の無い素敵な空間が作って有ります。

見に行けばいいに決まってますが大事なのは、実際に生活してみえる家を見せてもらう事です。

そこでお客様の言葉を聞く事です。

そしてここでも大事な事が有ります。

それは、お宅訪問に立ち会った工務店の方に

営業は誰、大工さんは誰、左官屋さんは誰、電気工事屋さんは誰、水道屋さんは誰、塗装屋さんは誰、など

聞いて見て下さい。

頭をかしげて答えられなかったらその工務店は、ちょっとと思った方が良いと思います。

お金出せば職人はいくらでも居ると言った考えや完成を早くす為職人さんの技量も見ずに

工事をさせてしまっているケースも有りますし職人さんが工務店を毛嫌いし入れ替わりが激しいとか

色々なケースが有りますがそのあたりを聞くことは大事です。

2018年6月4日

FP相談が終わると次にすることは、

住宅ローンを利用される方は、住宅ローンで自分はいくら借りられるのかを

金融機関で事前審査をしてもらいます。

そして結果が出てきたらその金額を踏まえ、今自分の家庭は月月いくら必要なのか計算します。

それによって月々いくらローンを返せるのかを計算します。

手元には必要金額最低6ヶ月分を残しましょう。

金額的に多く借りられるからと言って借り入れ金額を多くすると失敗します。

大事な事は、いくら借りられるかではなく、いくら返せるのかが大事です。

住宅メーカーさんは高く売った物勝ちの所が多いです。

あとのお客様がローンで苦しんでも売ったもの勝ちですからね。

会社の売り上げ、営業の実績を重んじますのでお気をつけください。

 

 

岐阜の注文住宅は、ミライ工房へお任せください。
健康で長持ちし、お客様のミライを見据えた家づくり。
無垢材や漆喰などの自然素材にこだわったきれいな空気の家を目指しています。